避けるべきプロフィール項目

避けるべきプロフィール項目


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
出会い系で女性のプロフィール項目を見ていると、「この項目が出たら避けた方がいいだろう」というのは存在します。 どちらかと言うと、業者の可能性が秘めている女性とでも言うべきでしょうか。 それはどういったものがあるのかを、以下に解説します。 【使用端末がPC】 出会い系によくある使用端末項目。 通常はスマホやiPhoneやら、auやらdocomoやらの携帯会社の名前が出て来るはずなのに、何故かPCという項目が出て来る人がいます。 この女性は確実に、避けた方が無難です。 そもそも、出会うに当たってPCの設定って、出会えるの?と疑ってしまいます。 仮にPCから登録したとしても、修正をかけておかなければならない項目のはず。 その設定を怠っている時点で、「プロフもきちんと設定しないし出会う気無いのでは」と推測できるでしょう また、使用端末がPCは業者の可能性も秘めています。 【スリーサイズの項目が記載してある】 普通に考えて、女性から自身のスリーサイズを出会い系に記載しない…というか、知らない人が多いです。 それなのに、バッチリスリーサイズを記載してあるのは、どうにもこうにもおかしな話です。 基本的にはスリーサイズの記載があるのは、業者の可能性が高いので避けましょう。 【自己紹介文にセフレ希望という内容の記載がある】 例えば「セフレの方希望」とか、うますぎる話は避けましょう。 業者確率が高いです。 そもそも女性からセフレを望むなんて事は非常に少ないです。 女性にだってプライドがあります。 体だけの関係になれる程安っぽくは無いですし、そこまで落ちてはいません。 これで10代~30代であれば、尚更怪しいです。 どちらにせよ、年代問わずセフレ希望と記載がある女性は避けましょう。 【カップの記載がある】 スリーサイズと同等位に怪しい項目で、業者の可能性が秘めています。 これが割り切り希望であるのなら話は別ですが、そうでないのであれば、業者の確率アップ。 また、極端におかしなスリーサイズとバスト(例えば、B88/W55/H86でBカップ)は無茶苦茶な設定なので避けましょう。 そういえば、ここ最近B88/W59/H84/のDカップという女性会員をよく見かけるなぁ…。
Read More
出会い系で避けるべきプロフィール写真について

出会い系で避けるべきプロフィール写真について


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
どんな出会い系でも避けた方が良いとされている女性は存在します。 その中でも、プロフィール写真を見て「これは止めた方がいいな」と思われる見た目も存在します。 ではどういったプロフィール写真が該当するのかを解説します。 【プリクラ写真】 一時期多かったですが、今や加工アプリが登場したこともあり少なくなったプリクラ写真。 18歳~22歳位までの学生なら利用していますが、このご時世にプリクラっていうのがナンセンスなので、避けた方が無難です。 理由として「ネット上など、どこから画像を流用している可能性があるから」。 いわゆる業者の可能性が考えられますが、正直申し上げると確率としては僅かではあります。 とは言え、加工アプリが発展し、現在右肩下がりのプリクラ。 主流ではないプリクラ写真を利用している時点で怪しい(流行に乗れていなさすぎる、古い写真の可能性が高い)ので、一応止めておいた方が良いです。 特に、20代後半以降のプリクラは、昔の写真の可能性が高いでしょう。 【セクシーな写真】 いわゆる服を着ていない、エロを想定させる写真は基本的に避けましょう。 業者の可能性が高いです。 そもそも真面目な出会いを想定していないので、避けるべき項目と言えます(アダルトな出会いを目的としているのであれば、自己紹介文やメッセージ内容をよく判断して対応するようにすれば大丈夫です)。 【胸を強調させている写真】 上記同様に避けた方が無難です。 いくら服を着ている状態であっても、胸を強調させているのは真面目な出会いには望めないでしょう。 【全て同じ顔写真で全て加工している】 複数枚の写真が全て同じというのは余程ルックスに自信があるのでしょうか。 また、どれもがプリクラ等で加工している顔写真は、真面目な出会いは望めない確率アップです。 一枚でも加工無しが存在していれば多少は望めますが、そうでない場合は怪しいです。 ※あくまで真面目な出会い(恋活・婚活など)なだけであって、そうでない出会いは望めるでしょう
Read More
承認欲求目的の女性利用者が増えて来た理由について

承認欲求目的の女性利用者が増えて来た理由について


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
承認欲求。 簡単に言えば、「誰かに認めて貰いたい、自身の存在価値を示したい」という意味です。 その承認欲求目的で、出会い系を登録する女性ユーザーが増加傾向であります。 もっと分かりやすく言えば、「リアルに出会う気がなく、ネット上でやり取りするだけで満足してしまう」女性が増えているのです。 では、なぜ承認欲求の為に出会い系を登録するようになったのか、解説します。 【チヤホヤされるから】 最大の理由はこちらにありますが、基本的に女性はチヤホヤされます。 普段全くモテない女性も、出会い系に登録しただけですぐにモテるようになります。 そうすることにより承認欲求を満たされるので、「モテたい→出会い系→モテる→満足」という流れになるのです。 【SNSは基本的に空気の読み合い】 今や空気の読み合いをしなければならないSNS。 相手を気遣い、いいねを送り、自身が投稿した内容にいいねが付かないと悲しいと思い込んでしまう。 だが、思ったことや不満は投稿できないのがSNSです。 そんな空気の読み合いに疲れてしまって、自身の価値がネット上で認めて貰えないが為に、出会い系に登録するという女性もいらっしゃいます。 【加工アプリのせいで現実を見なくなった】 平たく言うと、「今生きているこの世の中がリアルではなく、インターネット上で生きている私がリアルなの」という女性。 虚構と現実が区別付かなくなってしまっている現象で、理由として「加工アプリ」が考えられます。 加工アプリは、自身をかわいく綺麗にしてくれるツールなので、「現実の私よりも綺麗で素敵」にさせてくれます。 加工が当たり前になると、人によっては綺麗な方へフォーカスが当たり、現実を見なくなってしまうのです。 実際に10代~20代である話ですが、普通の加工無しのカメラで撮影したら、「こんなの私じゃない」「なんで私ってこんなにかわいくないの」と不満、悲しみ、怒りが沸き起こる女性も存在します。 とは言え、周知の人間が知っている場(例えばSNSなど)でその写真をお披露目しても評価はされません。 そうなると、自身を評価してくれる「出会い系」で、自身の加工写真を提示し、チヤホヤされたくなってしまうのです。 加工バリバリの状態が「本当の私」と思い込んでいる女性も少なからず存在し、それを見せに出会い系に登録している女性も一定数存在してきているのが現実です。
Read More
出会い系利用者数が年々増加してきている理由について

出会い系利用者数が年々増加してきている理由について


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
昔は一部のやんちゃな男女、例えば学校ではチャラチャラしていそうな男女、例えば夜の仕事関連の男女が出会い系利用者が多かったです。 今は、見た目や職種、年齢や生い立ち、生活環境問わず、出会い系に登録するようになっている時代となりました。 ではなぜ、チャラチャラしていそうな男女だけではなくなったのか、解説します。 【SNS普及によるネットでの顔出しが平気な時代に】 昔はインターネット上で顔を出すというのは恐れていました。 しかし、mixiに始まりFacebook、Instagram、昨今ではTikTok等と、SNSでのネット上で皆が顔出しするのに抵抗が無くなってきています。 そうなると、全国や世界に顔を出すようになるので、出会い系も気軽に登録できるようになってきたのです。 もちろん個人差はありますが、少なくとも抵抗が無くなる分だけ利用者が増えるというのはあり得る話です。 出会い系での登録に悩む理由として、 変な人に出会ったらどうしよう 顔出しするのに抵抗がある ネットでの出会いって、みんなやっていないでしょ (みんなやっていないだけ、疎外感や罪悪感がある) というのがありますが、その中のひとつの「顔出しするのに抵抗がある」が消えてしまったのです(正確に言えば、ハードルが低くなった)。 その悩みが少なくなる分だけ、出会い系利用者が増加するのは必然と言えます。 【誰かが利用すればみんなが利用する】 これは筆者もそうでしたが、「友達が利用したことがあって、こんな出会いがあったんだ」という話を聞けば、「ちょっとやってみようかな」と思うようになります。 つまり、怖いと思っている「出会い系利用・登録」の突破口を切り開いてくれる人が現れたら、自身も出会い系の登録が平気になってしまうのです。 先に挙げた「ネットでの出会いって、みんなやっていないでしょ」の部分がかき消される(ハードルが低くなる)ので、そうなると芋ずる式でどんどん増えていくのです。 人間は所属欲求という欲求があり、誰かと一緒でないと不安なのです。 特に日本人は所属欲求が強いので、誰かがやらないと自分もやらないという心理が根付いています。 その「誰か」が出会い系をやるようになれば、一人二人と自然と増えていくのは心理学上としても考えられるでしょう。
Read More
なぜワクワクメールはパパ活目的の女性が多くなったのか

なぜワクワクメールはパパ活目的の女性が多くなったのか


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
PCMAX、イククル、ハッピーメール、YYCと、各種大手出会い系の中でも抜きん出てパパ活目的の多い出会い系が「ワクワクメール」。 ここ数年で一気にパパ活目的の女性が増加し、今や年代問わずワクワクメールでパパ活をしている女性ユーザーは多いのが現状です。 何故ワクワクメールが他の大手出会い系と違ってパパ活目的が多いのか。 その理由を解説します。 【サイト自体の規制が緩い】 大手出会い系サイトの多くは、金銭に関わる用語は禁止とされています。 理由として、出会い系自体が昔から売春の温床として、警察からあれやこれやと指摘されないようにされている為です。 その為、出会い系、特に大手となると売春に関わる用語(割り切り、パパ活など)の規制も強くなってしまうのです。 ところが、ワクワクメールにおいては、割り切りといった用語は規制があるもののパパ活の用語に規制が無い為、その分だけパパ活目的の女性が登録しやすくなっています。 そうなれば、パパ活目的の女性は増え、次第にパパ活目的で多くの女性ユーザーが利用するようになります。 ※ただし、アプリ版のワクワクメールは、売春や暴力的な用語、アダルトな用語はアプリの都合上禁止されています。 【各サイトのオススメ枠の上位に挙がる】 YahooやGoogleでも構いませんが、「パパ活 オススメ」と検索します。 そうすると、PCMAXやハッピーメール等の大手出会い系を差し置いて、ワクワクメールがパパ活目的のオススメ枠の上位に入るのです。 もちろん、シュガーダディーやペイターズのような、最初からパパ活前提のサイトは当たり前のように上位に挙がります。 しかし、通常の出会いから恋活、友達探し、アダルトな出会いまで幅広く対応しているワクワクメールにおいても、オススメのパパ活ランキング上位に挙がってしまうのです。 サイト側でオススメのパパ活であると記載があれば、パパ活をしてみたい女性からすれば、当たり前のように登録したくなります。 その登録したくなるユーザーが、ネットの紹介にてどんどん増えていくので、大手出会い系の中でもとりわけ多くなるでしょう。
Read More
SNSで出会うということ『Facebook編』

SNSで出会うということ『Facebook編』

SNS
巷に溢れるSNS。その中でもFacebookを出会い系に転用した場合の出会いについて論述して参ります。 【そもそもSNSは出会えるのか】 これの回答は明確であり「Yes」となります。SNSという広義でとらえた場合の回答です。 しかしながら「Facrbookではどうか?」という問になると、様相が変わってしまいます。 Facebookを活用して女性と出会う方法もあるのですが、時代の潮流により、Facebookでは出会える可能性は徐々に減退していっていると言えます。 ■参考サイト 出会い系サイト・アプリの比較ランキング-潜入レポ―トあり! まずは、下記のデータを参考にしてみて下さい。 https://www.bricoleur.co.jp/blog/archives/3420 4台SNSの中で人口カバー率が低い上に、アクティブ率と言われる一定の期間にアプリやWebサービスを利用しているユーザーの割合が最も低い結果になっています。 【Facebookでは効率が悪い】 決して出会えないわけではありませんが、これらを踏まえると、Facebookを出会い系として利用することは効率的ではない。という結論に至ります。 それを後押しするエビデンスを下記に列挙いたします。 ①世間にSNS疲れが蔓延し始めている。 世の中には多くのSNSが溢れ、各SNSから各種ビジネス系の情報が垂れ流され、その情報に対し消化不良を起こしている人が多くなっており、Facebookもその片棒を担いでいるということになっています。 ②Facebookの登録者(活用者)は男性が多い。 ソースとしては、上記URL内に記載されていますが、4台SNSの中で男女比において唯一男性比率が上回っています。 登録者(活用者)が男性が多いということはターゲットとする女性の母数が少ないということを表しています。 ③男性の自己満足に終わっている。 これはFacebookを利用している男性に自覚がある方もいらっしゃるかもしれませんが、普段のリア充ぶりを思い切り発揮されている方もいらっしゃると思います。このアピールが女性にとっては敬遠されがちです。 ④女性側からすると友達に男性が多くなりすぎることを敬遠している。 女性側の目線ですが、好みの初対面男性とFacebookを交換する機会などに自分の友人に男性が多く登録されていると誤解を招いてしまうことを危惧して、男性の友人登録を制限する女性もいるようです。 【あくまでもビジネスツールとしてのFacebook】 これらを総合すると、Facebookはビジネス色が強く男性同士がビジネスを発展させていくために活用されているという傾向があり、出会いを求め女性にアプローチしてもレスポンスが悪いと判断されます。 それでも女性との出会いツールとして使いたいという男性は、趣味性を全面に押し出し情報発信もある程度、控えめにしながら攻めの姿勢の出会いというよりも、Facebook内に興味を持ってもらえるような罠を仕掛けた上で女性へアプローチを掛ける、「待ちの漁」を行うことをお勧めいたします。
Read More
SNSで出会うということ『Instagram編)』

SNSで出会うということ『Instagram編)』

SNS
大手SNSの中でも最も後発のInstagramですが、SNS疲れが蔓延している昨今、出会い系として活用が可能なのかを考察して参ります。 【Instagramとは何か?】 Instagramとはデフォルトでいくつかの写真を加工するためのフィルターが備え付けられており、個人で撮影した写真を比較的容易にを洒落たものに修正し投稿できるアプリケーションであります。 さらに、これにSNS機能を付随したことで、自分の投稿した写真が不特定多数の人間へ閲覧可能になったことで若い女性に爆発的に広がった経緯があります。 【なぜ女性に人気があるのか?】 https://www.bricoleur.co.jp/blog/archives/3420 上のサイトをご覧いただくとわかるのですが、人口カバー率では他のSNSに大きく溝をあけられているもののアクティブ率においては、非常に高い数値となっており、登録者のほとんどが利用しているという結果になります。 また、男女比においても突出して女性比率が高く男性比率が低いです。 これは、ジェンダーによる違いであることが推察されますが、女性は双方向の共感を求める脳をしています。 そして、直感的に良し悪しの判断をするためテキストのような「読み物」よりも写真・画像のように直感的な訴求効果のあるものを好む傾向があるためであると予想されます。 【出会い系としてのInstagramの未知数】 女性の登録が非常に多く且つアクティブ率も高いとなれば、リーチ出来る女性の分母が増えるということになります。 出会い系サイト活用時の鉄則としては「猟場に獲物が多い」ということですが、この側面から考察するとInstagramは非常に優良は出会い系サイトへ転用可能と言えます。 しかしながら、1点大きな未知数を含んでいます。簡単に申し上げます。 「男女共学高校ではあるものの、女子の比率が極端に多く、女子同士が共通の趣味や嗜好で強い結束を持っている中で男子学生の肩身が狭くなる」 こういった現象が起こらないだろうか。という仮説が挙げられます。 自分なりに加工して綺麗に仕上げた写真をSNS上へアップし、他の女性から賞賛を得、またその女性のアップしている画像を賞賛している中へ、獲物を狙って男性が飛び込んだところで爪弾きにあわないだろうか。という懸念があります。 これは、まだ未知数な部分でありInstagramが他のSNSに比べ後発であり成熟しきっていないため、はっきりと申し上げることができないのですが、可能性としては非常に高いと考えられます。 もし、この仮説が正しいとするならば、正面切って女性にアプローチすることは大変危険です。女性の伝播力は凄まじく悪い噂を一気に拡散させまい、男性の身動きを封じてきます。 これを回避するためにも女性と共通の画像を女性目線で加工しアップするなど、一種女性的な一面を持ちつつ偶然を装いながら、徐々に距離を詰めていくことが必要になると思います。 まだ未知数な部分が多いInstagramですが、女性の活動が活発であるという観点から考慮するとタイミングによっては化ける可能性がありますので、今後も注目のSNSであることには違いありません。
Read More
LINEを通じた出会い事情について

LINEを通じた出会い事情について

LINE
前提として、LINEはリアルな友人と相互のやりとりを簡単に行うためのツールであり決して出会い系に使われることを想定しているものではありません。 LINEで連絡を取り合うには、まず相手のLINE:IDや、QRコード、ふるふる機能を使うことで相手の連絡先を聞き出す必要があります。 合コンや異業種交流会などで「LINE交換をしましょう」というやりとりが頻繁に行われるのはこのためです。 接点のない人と連絡を取り合うためには、まずリアルで出会い情報交換を行う必要があります。 「友だち追加」の中に、見知らぬ人間が紛れ込んでいる可能性もありますが相手の素性が全くの未知数な状態でメッセージを送ることは大変骨の折れる作業ですし何より相手がニックネームで登録していればジェンダーの判別がつきにくいケースもありメッセージを送ったところで、相手が男性であれば元も子もありません。 身近な人間が含まれている可能性があるため、近しい人間にメッセージを送ってしまう可能性もあるので効率的な出会い方とは言えません。 【リアルなしにラインで出会うためには】 しかし、リアルで会うことなく気軽にLINEを通じ出会いを可能にしているシステムがあります。 それは「LINE掲示板」なるものです。これは掲示板上にLINE:IDやQRコードを載せ相手からの連絡を待つ。というものです。 もちろん男性が掲示板に書き込み、レスポンスを待つということもできますし掲示板に書き込みをしている女性の情報を自分のLINE内に取り込みメッセージを送ることも可能です。 ほとんどの掲示板で登録などは必要なく、気軽に楽しむことができます。 ほとんどの掲示板で。と申し上げましたが、かなりの数の掲示板が立ち上げられており地域別、趣味別、年齢別など多岐にわたり細分化されております。 では、本当に女性に出会うことができるのか?という問題ですが、結論から申し上げます。 「出会えます。」 しかも相手からのレスポンスは非常に良いですし、無料でメッセージのやりとりができるという点から費用対効果が非常に高いといえます。 ただ、注意点を下記に箇条書き、簡単に考察していきます。 ①大量のサクラが紛れ込んでいます。 慣れてくれば、サクラの見分けはつきますが、堂々と顔写真や胸のアップ画像を投稿している場合、ほぼ100%サクラです。 何度かメッセージを往復しているうちに出会い系サイトへ誘導するURLが送られてきます。 これは無視すれば良いのですが、厄介なのはこういったサクラをLINEで友人登録しているとタイムラインに大量のエロ画像を垂れ流してき ますので、極力避けていかなければ後々面倒です。   ②援助を求めてくる女性が相当多いです。 これは、ファーストコンタクトでサクラよりも判別がつきにくいので厄介です。とは言え個人で援助活動を行っているため友人登録したところでタイムラインに大量のエロ画像を垂れ流すことはないので、後々面倒になることは少ないです。 上級者であればなのですが、援助を求める女性をセフレへと持ち込めることもあるので、メッセージのやりとりを続けてみる価値はあるのではないでしょうか?    ③大量の女性と同時にメッセージのやりとりになりますので、手間が掛かります。  サクラと援助をかいくぐったとしても、大量のノーマルな女性とのやりとりを同時進行で進めていくこととなりますので常にLINEが鳴りっ放しという状態に陥ります。分母が多いために起こる嬉しい悲鳴ですが、隙間時間で挑戦する。というよりも、しっかりと腰を据えターゲットを見つける。という気持ちで臨まないと逃した魚は大きかった。ということになってしまいます。相手は暇つぶしで書き込みを行っていますので、旬な時間を逃すといくらメッセージを送っても返信率は下がってきますので、時間をしっかりと作り短時間で誘い出すことを目標にしてみましょう。 一長一短の「LINE掲示板」ですが、費用対効果を考慮すると、非常に有効なツールだと思います。 とある記事で、女性への取材の結果「見知らぬ男性に電話番号を教えることは抵抗があるがLINEであれば教えても良い」と回答が相当数あったようです。 これを踏まえると、LINEでのメッセージを行うことは女性にとっては抵抗感は少なく、しかも気軽でる。という結論に至りますので、ぜひ男性の皆様は「LINE掲示板」を活用してみることをお勧めいたします。
Read More
ここまで来た。こんなサイトまで出会い系に使う猛者たち

ここまで来た。こんなサイトまで出会い系に使う猛者たち


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
多くの出会い系サイトがバッコする昨今。どの出会い系サイトを利用するかお悩みの男性も多いのではないでしょうか。 出会い系サイトと言われるものが世に出始めて、20年は経過し過渡競争に入ってきてしまっていると思います。 そんな中、出会い系サイトで出会うだけでは物足りないのか、まさかこんなサイトまで出会い系サイトとして使ってしまうのか?という猛者に出会う機会がありました。 【麻薬のようなもの】 出会い系サイトは、本来女性と出会うことを目的としたものです。利用当初は男性心理としては「本当に出会えるのだろうか」という不安感と期待感が入り乱れ、いざメッセージの返信があっただけで高揚感を得られたものです。 しかし、それが徐々に慣れてくると、このメッセージを打つとこう返信があるだろうと予測がつくようになり高揚感も減退してきてしまいます。 そして、女性と出会い食事やドライブ、デートをし一晩ご馳走になる。という一連の流れを何度も行っていると女性のキャラクター別に、自分の引き出しが自然と増えていき、女性を抱く確率が飛躍的に高まってきます。 言わば、流れ作業のラインを3〜4パターン持っておき、それを適宜状況と相手女性に合わせ引き出すことで出会った女性を抱くことができるようになってくるものなのです。 ここまでくれば何も悩みはないように感じられるかもしれませんが、今回、話を聞くことができた男性曰く「出会い系は麻薬のようなもの」だそうで、そもそも出会い系=抱ける。という数式が出来上がってしまったことで出会い系を始めた当初のような高揚感が得られないことに深い悲しみを持っていました。 【まさか、そんなサイトを?】 この悲しい男性は、昨今流行りのクラウドによる仕事を請け負うサービスに登録したそうで、内容としては「女性の悩みをお聞きします」というものだそうです。聞く悩みは多種多様で何でも請け負います。というふうに有料にすると、ほぼ案件は受注できないが、無料にすることで月に数件女性からのメッセージが届くと話していました。 結論を申し上げると、ここで相談に訪れた女性に対し「メッセージ上では解決方法を上手く伝えられないので、会ってご説明差し上げますよ」と申し出ることで出会いに繋げているのだそうです。 このクラウドサービスのサイト名は伏せさせていただきますが、利用規約などには触れないのか?と質問をしたもののこの男性は特に知らない様子であったため、この記事をお読みの男性の皆様が真似をする場合は、しっかりと利用規約をお読みになってからお試し下さい。 話を戻しますと、この男性曰く女性と出会える確率は出会い系サイトよりも格段に下がるようですが少しずつ出会える女性の傾向が見えてきたと話してくれました。その傾向とは悩みの内容によるのそうで、その悩みの種類を下記に列挙いたします。 ・パートナーが浮気しているかもしれないという悩み。 ・男性に告白されたが、いま一つ乗り気になれず付き合うか悩んでいる。 逆に出会えない女性の悩みとしては ・職場環境が悪く、同僚や上司と上手くいかず仕事が面白くない。 ・社会人サークルなどで、突然自分だけ口をきいてくれなくなった。 というものらしく、この男性が導き出した結論としては 「男女関係の悩みを抱えてそれを、見ず知らずの他人に相談してくる女性は寂しがり屋であり、股が緩い。」そうです。 この試みは未だ試験段階だそうではっきりとした根拠はない。と男性はおっしゃっていますが、何点か注意していることがあるようです。 ・丁寧な文面で返信をすること。 ・相手を「さま」付けで呼ぶこと。 ・悩みに対しては真摯に返答すること。  (上記の回答でいくとパートナーは浮気していないかもしれな場合はきちんと、そう告げる。) このように全体を通し女性に安心感を与えた後に「もう少し詳しいお話をお聞きしないと私のサービスには満足いただけない」と付け加え、食事などにおびき出すそうです。 もちろん断られるケースの方が格段に多いそうですが、ここで食事に引っ張り出せた瞬間に、出会い系を始めた当初に女性とデートを取り付けた時の高揚感が蘇るのだそうです。 また、この出会い方には不確定要素が多く、規則性が見つからないために、それを見つけることにやりがいを感じている。とも、この男性はおっしゃっていました。 一般的な出会い系サイトで、仮に女性を抱けたとしても高揚感が得られず、クラウドサービスを本来の利用用途とは異なる使い方で利用し女性と出会うことでアドレナリンが分泌される彼は、正に麻薬常習者でとしか言いようがありません。 もし、真似をされる際はサイトの利用規約をりっかりとお読みの上、自己責任にてお願い申し上げます。
Read More
一流アスリートから考察する出会い系サイトの攻略方法

一流アスリートから考察する出会い系サイトの攻略方法


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
一流アスリートのメンタルから考察する出会い系サイトの攻略方法を論述していきたいと思います。 昨今、WEB上の記事や書店に並んでいる書籍の中でも「Gritする力」という文字をよく目にすることがあります。 そもそも「Gritする力」という定義自体がどうなのかと疑問なのですが、巷では「やり抜く力」や「貫き通す力」と訳されています。しかし、「Grit」という単語自体には、このような意味はありません。とは言いつつも、成功者にはこの「やり抜く力」が備わっているということらしいので、この「Grit力」と出会い系サイトでの必勝法を考察してまいります。 【年間200本安定的にヒットを打つメジャーリーガーの打率とは】 ここで、1人の超一流アスリートをあげさせていただきます。安定的に年間200本の安打を量産している。と聞くと非常に素晴らしいことですが、メジャーリーグの年間試合数は162数です。1試合辺り平均4.5打席あるとして1年間打席に立ち続けたとして4.5×162=729打席となります。この打席数で200本の安打を打つということは打率は2割7分3厘。つまり役27%の成功率ということになります。 今回引き合いに出ている超一流のアスリートの打率は調子の良い時で30%を上回りますが、これ以下のシーズンもあります。 よって、概ね27%の打率は信憑性があります。 ここで、逆の見方をすると、70%、500打席前後は失敗が許されるということになります。 これを聞くと意外と成績は高くないのかとお感じの男性もいらっしゃると思います。 【毎年700回以上の打席に立ち続ける覚悟と勇気】 決して成績が高くないというのは間違った見解であり、注目いただきたいのは何年もの間、多大なプレッシャーの中で毎年700回以上の打席に立ち続けているという点です。 一見、バッティングフォームは変わっていないように感じられますが、試行錯誤を重ねフォームに修正を加えながらより多くの安打を生み出そうとしているところにこそ、「やり抜く力」が秘められているのです。 【出会い系サイトで女性に出会えない男性へ】 これを出会い系サイトへ置き換えると、出会い系サイトを利用している男性は一体どの程度の回数女性へアプローチを掛けているでしょうか? 出会い系サイトは無尽蔵に「女性」という名の打席を用意していくれています。 本当に多くの女性と出会い、そして抱きたい。という思いが強ければ恐れることなく、この打席に立ち続けるべきなのです。 打席のステージは何段階かに分かれています。 ①メッセージの返信を得るステージ ②女性を誘い出すまでのステージ ③女性と出会ったあとに女性を楽しませるステージ ④クロージングステージ(SEXに持ち込むステージ) ⑤定期顧客に繋げるステージ(セフレ関係に持ち込むステージ) 出会い系サイトを利用し始めた男性は①ステージで躓くことでしょう。 一流のアスリートも同じく初めは躓くことでしょう。しかし彼らはここで諦めず、どうすればこのステージをクリアできるかを考えます。そして修正し検証するために必要なビッグデータの収集を行います。 トライアンドエラーを繰り返しながら、相手の投げてくるボール(この場合女性のメッセージ)に対し適切なバッティングフォームで迎え撃つには多くの経験が必要なのです。 前途しましたが、70%、500回の失敗は許されるのです。 【求める結果から逆算する】 年間100人の女性を抱きたい。という目的を掲げたと仮定します。打率を25%と設定すると400人の女性にアプローチをかけるということになります。 これは1年間365日で、1日1人にアプローチをかけることで達成することができます。 時間の空いた時は、2人でも3人でもメッセージを投げてしまえば良いのです。そうすることで打率は徐々に上がってきます。 これが一流アスリートでも行っている「Gritする力」ではないでしょうか。 出会い系サイト使っても女性と出会えず、抱けない!と嘆いている男性をお見受けする機会が何度もありますが 諦めず「抱きたい」という強い思いを貫き通し、出会い系サイトという素晴らしいバッターボックスに立つ続けることを お勧めいたします。
Read More