人口分布から考察する出会い系サイトの優位性

Home / 出会い系攻略 / 人口分布から考察する出会い系サイトの優位性

出会い系サイトのアドバンテージとしては、一ヶ所に留まりながら多くの女性にリーチができるという点です。
アポイントが取れた段階では移動が必要となりますが、やはり効率的な出会い方としては人口密集地域に居住しているということが大前提になってきます。

【どこが最も効率的な地域と言えるか?】

これを踏まえ、最も有効な効率的に女性に出会える都市としては東京都であると言わざるを得ません。
日本の中で最も人口の多い都市であり、さらに人口減少に転じている日本の中で唯一東京都だけが人口増となっているため多くの女性が集中しており、最小限の移動で最大限の効果を発揮できます。
休日などであれば午前・午後・夕方と3人に出会ってしまうことも可能でしょう。
恐らく地方都市であれば、1日に3人会うとなると移動距離が相当なものとなり、また人口数から考慮し3人のアポイントを取り付けることも至難の技となってくることでしょう。

【地方に希望はないのか?】

東京都に比べると、希望は少ないですが地方には地方の生き残り方があります。
それは、思い切って大都市圏の女性へアプローチを掛け連休などを利用し遠洋漁業に出掛けるということです。
これは一見無謀に見えますが、有効な手段です。エビデンスを下記に列挙します。

①地方居住者からのメッセージは珍しいため喰いつきが良い。
東京の女性は引く手数多であり、代わり映えのしないメッセージを受け取っている可能性があります。
地方男性から届くメッセージは、それだけで異質に感じ目に留まります。また物理的距離が離れている分だけ相手の警戒心を解くことができます。

②方言の使用により相手の警戒心を解き、自分への興味を惹き付ける。
普段、標準語を聞き慣れている女性からすると男性の方言は可愛らしく映るでしょう。これが男性への興味を一層惹き付け女性の警戒心を解くことにも繋がります。

③東京は田舎者の集まり
結局は東京は田舎者の集まりです。出身が同じ県、同じ地方というだけで連帯意識が生まれるものです。これ利用するためにはメッセージを送る時点で、同一県出身の東京女性を狙い撃ちすることで効果を発揮できます。

④「泊まる場所がないんです。」が使える。
最後の手段として泊まる場所がないと言うことができます。仮にホテルを予約していたとしても必ず泊めて下さいと伝えて下さい。そして「何もしないので」とも嘘をついて下さい。部屋にさえ上がりこめば何とかなります。

⑤一度関係を持ってしまえば、後腐れがないため、再上京時のリザーブとして抑えておける。
仮に出会った女性が彼氏がいるなど、男性との深い関係を望んでいない場合であっても、男性は地元へ戻ってしまうため後腐れはありません。都合の良い男になれます。そして再上京し誰ともSEXできなかった時のリザーブとして最後まで残しておき万一の時にリピートしましょう。

【逆に都心が首を絞めることも】

結果的に出会い系を使うのであれば東京都が最も優位性を発揮する。ということになりますが、逆に都心に絞り込みすぎることが仇になることもあります。人の通勤経路や動きの動線というのは、フリーランスで仕事をしてない限り、そこまで大きく変わりません。
その中で激しく出会いを求め続けていたのでは、どこかでバッティングしてしまう可能性があります。
特に都心であればあるほど、人の動きは決まってくることが多いので、程よくターゲットとする街を変えていきましょう。
二毛作、三毛作を続けていると畑が枯れて作物が育たなくなってしまうので、都心を程よく攻めたら郊外へ流れるなど定期的な移動をお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *