一流アスリートから考察する出会い系サイトの攻略方法

Home / 出会い系攻略 / 一流アスリートから考察する出会い系サイトの攻略方法

一流アスリートのメンタルから考察する出会い系サイトの攻略方法を論述していきたいと思います。

昨今、WEB上の記事や書店に並んでいる書籍の中でも「Gritする力」という文字をよく目にすることがあります。
そもそも「Gritする力」という定義自体がどうなのかと疑問なのですが、巷では「やり抜く力」や「貫き通す力」と訳されています。しかし、「Grit」という単語自体には、このような意味はありません。とは言いつつも、成功者にはこの「やり抜く力」が備わっているということらしいので、この「Grit力」と出会い系サイトでの必勝法を考察してまいります。

【年間200本安定的にヒットを打つメジャーリーガーの打率とは】

ここで、1人の超一流アスリートをあげさせていただきます。安定的に年間200本の安打を量産している。と聞くと非常に素晴らしいことですが、メジャーリーグの年間試合数は162数です。1試合辺り平均4.5打席あるとして1年間打席に立ち続けたとして4.5×162=729打席となります。この打席数で200本の安打を打つということは打率は2割7分3厘。つまり役27%の成功率ということになります。
今回引き合いに出ている超一流のアスリートの打率は調子の良い時で30%を上回りますが、これ以下のシーズンもあります。
よって、概ね27%の打率は信憑性があります。
ここで、逆の見方をすると、70%、500打席前後は失敗が許されるということになります。
これを聞くと意外と成績は高くないのかとお感じの男性もいらっしゃると思います。

【毎年700回以上の打席に立ち続ける覚悟と勇気】

決して成績が高くないというのは間違った見解であり、注目いただきたいのは何年もの間、多大なプレッシャーの中で毎年700回以上の打席に立ち続けているという点です。
一見、バッティングフォームは変わっていないように感じられますが、試行錯誤を重ねフォームに修正を加えながらより多くの安打を生み出そうとしているところにこそ、「やり抜く力」が秘められているのです。

【出会い系サイトで女性に出会えない男性へ】

これを出会い系サイトへ置き換えると、出会い系サイトを利用している男性は一体どの程度の回数女性へアプローチを掛けているでしょうか?
出会い系サイトは無尽蔵に「女性」という名の打席を用意していくれています。
本当に多くの女性と出会い、そして抱きたい。という思いが強ければ恐れることなく、この打席に立ち続けるべきなのです。
打席のステージは何段階かに分かれています。

①メッセージの返信を得るステージ
②女性を誘い出すまでのステージ
③女性と出会ったあとに女性を楽しませるステージ
④クロージングステージ(SEXに持ち込むステージ)
⑤定期顧客に繋げるステージ(セフレ関係に持ち込むステージ)

出会い系サイトを利用し始めた男性は①ステージで躓くことでしょう。
一流のアスリートも同じく初めは躓くことでしょう。しかし彼らはここで諦めず、どうすればこのステージを
クリアできるかを考えます。そして修正し検証するために必要なビッグデータの収集を行います。
トライアンドエラーを繰り返しながら、相手の投げてくるボール(この場合女性のメッセージ)に対し
適切なバッティングフォームで迎え撃つには多くの経験が必要なのです。
前途しましたが、70%、500回の失敗は許されるのです。

【求める結果から逆算する】

年間100人の女性を抱きたい。という目的を掲げたと仮定します。打率を25%と設定すると400人の女性に
アプローチをかけるということになります。
これは1年間365日で、1日1人にアプローチをかけることで達成することができます。

時間の空いた時は、2人でも3人でもメッセージを投げてしまえば良いのです。そうすることで打率は徐々に上がってきます。
これが一流アスリートでも行っている「Gritする力」ではないでしょうか。
出会い系サイト使っても女性と出会えず、抱けない!と嘆いている男性をお見受けする機会が何度もありますが
諦めず「抱きたい」という強い思いを貫き通し、出会い系サイトという素晴らしいバッターボックスに立つ続けることを
お勧めいたします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *