避けるべきプロフィール項目

避けるべきプロフィール項目


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
出会い系で女性のプロフィール項目を見ていると、「この項目が出たら避けた方がいいだろう」というのは存在します。 どちらかと言うと、業者の可能性が秘めている女性とでも言うべきでしょうか。 それはどういったものがあるのかを、以下に解説します。 【使用端末がPC】 出会い系によくある使用端末項目。 通常はスマホやiPhoneやら、auやらdocomoやらの携帯会社の名前が出て来るはずなのに、何故かPCという項目が出て来る人がいます。 この女性は確実に、避けた方が無難です。 そもそも、出会うに当たってPCの設定って、出会えるの?と疑ってしまいます。 仮にPCから登録したとしても、修正をかけておかなければならない項目のはず。 その設定を怠っている時点で、「プロフもきちんと設定しないし出会う気無いのでは」と推測できるでしょう また、使用端末がPCは業者の可能性も秘めています。 【スリーサイズの項目が記載してある】 普通に考えて、女性から自身のスリーサイズを出会い系に記載しない…というか、知らない人が多いです。 それなのに、バッチリスリーサイズを記載してあるのは、どうにもこうにもおかしな話です。 基本的にはスリーサイズの記載があるのは、業者の可能性が高いので避けましょう。 【自己紹介文にセフレ希望という内容の記載がある】 例えば「セフレの方希望」とか、うますぎる話は避けましょう。 業者確率が高いです。 そもそも女性からセフレを望むなんて事は非常に少ないです。 女性にだってプライドがあります。 体だけの関係になれる程安っぽくは無いですし、そこまで落ちてはいません。 これで10代~30代であれば、尚更怪しいです。 どちらにせよ、年代問わずセフレ希望と記載がある女性は避けましょう。 【カップの記載がある】 スリーサイズと同等位に怪しい項目で、業者の可能性が秘めています。 これが割り切り希望であるのなら話は別ですが、そうでないのであれば、業者の確率アップ。 また、極端におかしなスリーサイズとバスト(例えば、B88/W55/H86でBカップ)は無茶苦茶な設定なので避けましょう。 そういえば、ここ最近B88/W59/H84/のDカップという女性会員をよく見かけるなぁ…。
Read More
出会い系で避けるべきプロフィール写真について

出会い系で避けるべきプロフィール写真について


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
どんな出会い系でも避けた方が良いとされている女性は存在します。 その中でも、プロフィール写真を見て「これは止めた方がいいな」と思われる見た目も存在します。 ではどういったプロフィール写真が該当するのかを解説します。 【プリクラ写真】 一時期多かったですが、今や加工アプリが登場したこともあり少なくなったプリクラ写真。 18歳~22歳位までの学生なら利用していますが、このご時世にプリクラっていうのがナンセンスなので、避けた方が無難です。 理由として「ネット上など、どこから画像を流用している可能性があるから」。 いわゆる業者の可能性が考えられますが、正直申し上げると確率としては僅かではあります。 とは言え、加工アプリが発展し、現在右肩下がりのプリクラ。 主流ではないプリクラ写真を利用している時点で怪しい(流行に乗れていなさすぎる、古い写真の可能性が高い)ので、一応止めておいた方が良いです。 特に、20代後半以降のプリクラは、昔の写真の可能性が高いでしょう。 【セクシーな写真】 いわゆる服を着ていない、エロを想定させる写真は基本的に避けましょう。 業者の可能性が高いです。 そもそも真面目な出会いを想定していないので、避けるべき項目と言えます(アダルトな出会いを目的としているのであれば、自己紹介文やメッセージ内容をよく判断して対応するようにすれば大丈夫です)。 【胸を強調させている写真】 上記同様に避けた方が無難です。 いくら服を着ている状態であっても、胸を強調させているのは真面目な出会いには望めないでしょう。 【全て同じ顔写真で全て加工している】 複数枚の写真が全て同じというのは余程ルックスに自信があるのでしょうか。 また、どれもがプリクラ等で加工している顔写真は、真面目な出会いは望めない確率アップです。 一枚でも加工無しが存在していれば多少は望めますが、そうでない場合は怪しいです。 ※あくまで真面目な出会い(恋活・婚活など)なだけであって、そうでない出会いは望めるでしょう
Read More
承認欲求目的の女性利用者が増えて来た理由について

承認欲求目的の女性利用者が増えて来た理由について


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
承認欲求。 簡単に言えば、「誰かに認めて貰いたい、自身の存在価値を示したい」という意味です。 その承認欲求目的で、出会い系を登録する女性ユーザーが増加傾向であります。 もっと分かりやすく言えば、「リアルに出会う気がなく、ネット上でやり取りするだけで満足してしまう」女性が増えているのです。 では、なぜ承認欲求の為に出会い系を登録するようになったのか、解説します。 【チヤホヤされるから】 最大の理由はこちらにありますが、基本的に女性はチヤホヤされます。 普段全くモテない女性も、出会い系に登録しただけですぐにモテるようになります。 そうすることにより承認欲求を満たされるので、「モテたい→出会い系→モテる→満足」という流れになるのです。 【SNSは基本的に空気の読み合い】 今や空気の読み合いをしなければならないSNS。 相手を気遣い、いいねを送り、自身が投稿した内容にいいねが付かないと悲しいと思い込んでしまう。 だが、思ったことや不満は投稿できないのがSNSです。 そんな空気の読み合いに疲れてしまって、自身の価値がネット上で認めて貰えないが為に、出会い系に登録するという女性もいらっしゃいます。 【加工アプリのせいで現実を見なくなった】 平たく言うと、「今生きているこの世の中がリアルではなく、インターネット上で生きている私がリアルなの」という女性。 虚構と現実が区別付かなくなってしまっている現象で、理由として「加工アプリ」が考えられます。 加工アプリは、自身をかわいく綺麗にしてくれるツールなので、「現実の私よりも綺麗で素敵」にさせてくれます。 加工が当たり前になると、人によっては綺麗な方へフォーカスが当たり、現実を見なくなってしまうのです。 実際に10代~20代である話ですが、普通の加工無しのカメラで撮影したら、「こんなの私じゃない」「なんで私ってこんなにかわいくないの」と不満、悲しみ、怒りが沸き起こる女性も存在します。 とは言え、周知の人間が知っている場(例えばSNSなど)でその写真をお披露目しても評価はされません。 そうなると、自身を評価してくれる「出会い系」で、自身の加工写真を提示し、チヤホヤされたくなってしまうのです。 加工バリバリの状態が「本当の私」と思い込んでいる女性も少なからず存在し、それを見せに出会い系に登録している女性も一定数存在してきているのが現実です。
Read More
出会い系利用者数が年々増加してきている理由について

出会い系利用者数が年々増加してきている理由について


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
昔は一部のやんちゃな男女、例えば学校ではチャラチャラしていそうな男女、例えば夜の仕事関連の男女が出会い系利用者が多かったです。 今は、見た目や職種、年齢や生い立ち、生活環境問わず、出会い系に登録するようになっている時代となりました。 ではなぜ、チャラチャラしていそうな男女だけではなくなったのか、解説します。 【SNS普及によるネットでの顔出しが平気な時代に】 昔はインターネット上で顔を出すというのは恐れていました。 しかし、mixiに始まりFacebook、Instagram、昨今ではTikTok等と、SNSでのネット上で皆が顔出しするのに抵抗が無くなってきています。 そうなると、全国や世界に顔を出すようになるので、出会い系も気軽に登録できるようになってきたのです。 もちろん個人差はありますが、少なくとも抵抗が無くなる分だけ利用者が増えるというのはあり得る話です。 出会い系での登録に悩む理由として、 変な人に出会ったらどうしよう 顔出しするのに抵抗がある ネットでの出会いって、みんなやっていないでしょ (みんなやっていないだけ、疎外感や罪悪感がある) というのがありますが、その中のひとつの「顔出しするのに抵抗がある」が消えてしまったのです(正確に言えば、ハードルが低くなった)。 その悩みが少なくなる分だけ、出会い系利用者が増加するのは必然と言えます。 【誰かが利用すればみんなが利用する】 これは筆者もそうでしたが、「友達が利用したことがあって、こんな出会いがあったんだ」という話を聞けば、「ちょっとやってみようかな」と思うようになります。 つまり、怖いと思っている「出会い系利用・登録」の突破口を切り開いてくれる人が現れたら、自身も出会い系の登録が平気になってしまうのです。 先に挙げた「ネットでの出会いって、みんなやっていないでしょ」の部分がかき消される(ハードルが低くなる)ので、そうなると芋ずる式でどんどん増えていくのです。 人間は所属欲求という欲求があり、誰かと一緒でないと不安なのです。 特に日本人は所属欲求が強いので、誰かがやらないと自分もやらないという心理が根付いています。 その「誰か」が出会い系をやるようになれば、一人二人と自然と増えていくのは心理学上としても考えられるでしょう。
Read More
なぜワクワクメールはパパ活目的の女性が多くなったのか

なぜワクワクメールはパパ活目的の女性が多くなったのか


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
PCMAX、イククル、ハッピーメール、YYCと、各種大手出会い系の中でも抜きん出てパパ活目的の多い出会い系が「ワクワクメール」。 ここ数年で一気にパパ活目的の女性が増加し、今や年代問わずワクワクメールでパパ活をしている女性ユーザーは多いのが現状です。 何故ワクワクメールが他の大手出会い系と違ってパパ活目的が多いのか。 その理由を解説します。 【サイト自体の規制が緩い】 大手出会い系サイトの多くは、金銭に関わる用語は禁止とされています。 理由として、出会い系自体が昔から売春の温床として、警察からあれやこれやと指摘されないようにされている為です。 その為、出会い系、特に大手となると売春に関わる用語(割り切り、パパ活など)の規制も強くなってしまうのです。 ところが、ワクワクメールにおいては、割り切りといった用語は規制があるもののパパ活の用語に規制が無い為、その分だけパパ活目的の女性が登録しやすくなっています。 そうなれば、パパ活目的の女性は増え、次第にパパ活目的で多くの女性ユーザーが利用するようになります。 ※ただし、アプリ版のワクワクメールは、売春や暴力的な用語、アダルトな用語はアプリの都合上禁止されています。 【各サイトのオススメ枠の上位に挙がる】 YahooやGoogleでも構いませんが、「パパ活 オススメ」と検索します。 そうすると、PCMAXやハッピーメール等の大手出会い系を差し置いて、ワクワクメールがパパ活目的のオススメ枠の上位に入るのです。 もちろん、シュガーダディーやペイターズのような、最初からパパ活前提のサイトは当たり前のように上位に挙がります。 しかし、通常の出会いから恋活、友達探し、アダルトな出会いまで幅広く対応しているワクワクメールにおいても、オススメのパパ活ランキング上位に挙がってしまうのです。 サイト側でオススメのパパ活であると記載があれば、パパ活をしてみたい女性からすれば、当たり前のように登録したくなります。 その登録したくなるユーザーが、ネットの紹介にてどんどん増えていくので、大手出会い系の中でもとりわけ多くなるでしょう。
Read More