なぜワクワクメールはパパ活目的の女性が多くなったのか

Home / 出会い系 / なぜワクワクメールはパパ活目的の女性が多くなったのか

PCMAX、イククル、ハッピーメール、YYCと、各種大手出会い系の中でも抜きん出てパパ活目的の多い出会い系が「ワクワクメール」。
ここ数年で一気にパパ活目的の女性が増加し、今や年代問わずワクワクメールでパパ活をしている女性ユーザーは多いのが現状です。
何故ワクワクメールが他の大手出会い系と違ってパパ活目的が多いのか。
その理由を解説します。

【サイト自体の規制が緩い】

大手出会い系サイトの多くは、金銭に関わる用語は禁止とされています。
理由として、出会い系自体が昔から売春の温床として、警察からあれやこれやと指摘されないようにされている為です。
その為、出会い系、特に大手となると売春に関わる用語(割り切り、パパ活など)の規制も強くなってしまうのです。

ところが、ワクワクメールにおいては、割り切りといった用語は規制があるもののパパ活の用語に規制が無い為、その分だけパパ活目的の女性が登録しやすくなっています。
そうなれば、パパ活目的の女性は増え、次第にパパ活目的で多くの女性ユーザーが利用するようになります。
※ただし、アプリ版のワクワクメールは、売春や暴力的な用語、アダルトな用語はアプリの都合上禁止されています。

【各サイトのオススメ枠の上位に挙がる】

YahooやGoogleでも構いませんが、「パパ活 オススメ」と検索します。
そうすると、PCMAXやハッピーメール等の大手出会い系を差し置いて、ワクワクメールがパパ活目的のオススメ枠の上位に入るのです。
もちろん、シュガーダディーやペイターズのような、最初からパパ活前提のサイトは当たり前のように上位に挙がります。
しかし、通常の出会いから恋活、友達探し、アダルトな出会いまで幅広く対応しているワクワクメールにおいても、オススメのパパ活ランキング上位に挙がってしまうのです。

サイト側でオススメのパパ活であると記載があれば、パパ活をしてみたい女性からすれば、当たり前のように登録したくなります。
その登録したくなるユーザーが、ネットの紹介にてどんどん増えていくので、大手出会い系の中でもとりわけ多くなるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *