出会い系利用者数が年々増加してきている理由について

Home / 出会い系 / 出会い系利用者数が年々増加してきている理由について

昔は一部のやんちゃな男女、例えば学校ではチャラチャラしていそうな男女、例えば夜の仕事関連の男女が出会い系利用者が多かったです。
今は、見た目や職種、年齢や生い立ち、生活環境問わず、出会い系に登録するようになっている時代となりました。
ではなぜ、チャラチャラしていそうな男女だけではなくなったのか、解説します。

【SNS普及によるネットでの顔出しが平気な時代に】

昔はインターネット上で顔を出すというのは恐れていました。
しかし、mixiに始まりFacebook、Instagram、昨今ではTikTok等と、SNSでのネット上で皆が顔出しするのに抵抗が無くなってきています。
そうなると、全国や世界に顔を出すようになるので、出会い系も気軽に登録できるようになってきたのです。
もちろん個人差はありますが、少なくとも抵抗が無くなる分だけ利用者が増えるというのはあり得る話です。

出会い系での登録に悩む理由として、

  • 変な人に出会ったらどうしよう
  • 顔出しするのに抵抗がある
  • ネットでの出会いって、みんなやっていないでしょ
    (みんなやっていないだけ、疎外感や罪悪感がある)

というのがありますが、その中のひとつの「顔出しするのに抵抗がある」が消えてしまったのです(正確に言えば、ハードルが低くなった)。
その悩みが少なくなる分だけ、出会い系利用者が増加するのは必然と言えます。

【誰かが利用すればみんなが利用する】

これは筆者もそうでしたが、「友達が利用したことがあって、こんな出会いがあったんだ」という話を聞けば、「ちょっとやってみようかな」と思うようになります。
つまり、怖いと思っている「出会い系利用・登録」の突破口を切り開いてくれる人が現れたら、自身も出会い系の登録が平気になってしまうのです。
先に挙げた「ネットでの出会いって、みんなやっていないでしょ」の部分がかき消される(ハードルが低くなる)ので、そうなると芋ずる式でどんどん増えていくのです。

人間は所属欲求という欲求があり、誰かと一緒でないと不安なのです。
特に日本人は所属欲求が強いので、誰かがやらないと自分もやらないという心理が根付いています。
その「誰か」が出会い系をやるようになれば、一人二人と自然と増えていくのは心理学上としても考えられるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *