SNSで出会うということ『Facebook編』

SNSで出会うということ『Facebook編』

SNS
巷に溢れるSNS。その中でもFacebookを出会い系に転用した場合の出会いについて論述して参ります。 【そもそもSNSは出会えるのか】 これの回答は明確であり「Yes」となります。SNSという広義でとらえた場合の回答です。 しかしながら「Facrbookではどうか?」という問になると、様相が変わってしまいます。 時代の潮流により、Facebookでは出会える可能性は徐々に減退していっていると言えます まずは、下記のデータを参考にしてみて下さい。 https://www.bricoleur.co.jp/blog/archives/3420 4台SNSの中で人口カバー率が低い上に、アクティブ率と言われる一定の期間にアプリやWebサービスを利用しているユーザーの割合が最も低い結果になっています。 【Facebookでは効率が悪い】 決して出会えないわけではありませんが、これらを踏まえると、Facebookを出会い系として利用することは効率的ではない。という結論に至ります。 それを後押しするエビデンスを下記に列挙いたします。 ①世間にSNS疲れが蔓延し始めている。 世の中には多くのSNSが溢れ、各SNSから各種ビジネス系の情報が垂れ流され、その情報に対し消化不良を起こしている人が多くなっており、Facebookもその片棒を担いでいるということになっています。 ②Facebookの登録者(活用者)は男性が多い。 ソースとしては、上記URL内に記載されていますが、4台SNSの中で男女比において唯一男性比率が上回っています。 登録者(活用者)が男性が多いということはターゲットとする女性の母数が少ないということを表しています。 ③男性の自己満足に終わっている。 これはFacebookを利用している男性に自覚がある方もいらっしゃるかもしれませんが、普段のリア充ぶりを思い切り発揮されている方もいらっしゃると思います。このアピールが女性にとっては敬遠されがちです。 ④女性側からすると友達に男性が多くなりすぎることを敬遠している。 女性側の目線ですが、好みの初対面男性とFacebookを交換する機会などに自分の友人に男性が多く登録されていると誤解を招いてしまうことを危惧して、男性の友人登録を制限する女性もいるようです。 【あくまでもビジネスツールとしてのFacebook】 これらを総合すると、Facebookはビジネス色が強く男性同士がビジネスを発展させていくために活用されているという傾向があり、出会いを求め女性にアプローチしてもレスポンスが悪いと判断されます。 それでも女性との出会いツールとして使いたいという男性は、趣味性を全面に押し出し情報発信もある程度、控えめにしながら攻めの姿勢の出会いというよりも、Facebook内に興味を持ってもらえるような罠を仕掛けた上で女性へアプローチを掛ける、「待ちの漁」を行うことをお勧めいたします。
Read More
SNSで出会うということ『Instagram編)』

SNSで出会うということ『Instagram編)』

SNS
大手SNSの中でも最も後発のInstagramですが、SNS疲れが蔓延している昨今、出会い系として活用が可能なのかを考察して参ります。 【Instagramとは何か?】 Instagramとはデフォルトでいくつかの写真を加工するためのフィルターが備え付けられており、個人で撮影した写真を比較的容易にを洒落たものに修正し投稿できるアプリケーションであります。 さらに、これにSNS機能を付随したことで、自分の投稿した写真が不特定多数の人間へ閲覧可能になったことで若い女性に爆発的に広がった経緯があります。 【なぜ女性に人気があるのか?】 https://www.bricoleur.co.jp/blog/archives/3420 上のサイトをご覧いただくとわかるのですが、人口カバー率では他のSNSに大きく溝をあけられているもののアクティブ率においては、非常に高い数値となっており、登録者のほとんどが利用しているという結果になります。 また、男女比においても突出して女性比率が高く男性比率が低いです。 これは、ジェンダーによる違いであることが推察されますが、女性は双方向の共感を求める脳をしています。 そして、直感的に良し悪しの判断をするためテキストのような「読み物」よりも写真・画像のように直感的な訴求効果のあるものを好む傾向があるためであると予想されます。 【出会い系としてのInstagramの未知数】 女性の登録が非常に多く且つアクティブ率も高いとなれば、リーチ出来る女性の分母が増えるということになります。 出会い系サイト活用時の鉄則としては「猟場に獲物が多い」ということですが、この側面から考察するとInstagramは非常に優良は出会い系サイトへ転用可能と言えます。 しかしながら、1点大きな未知数を含んでいます。簡単に申し上げます。 「男女共学高校ではあるものの、女子の比率が極端に多く、女子同士が共通の趣味や嗜好で強い結束を持っている中で男子学生の肩身が狭くなる」 こういった現象が起こらないだろうか。という仮説が挙げられます。 自分なりに加工して綺麗に仕上げた写真をSNS上へアップし、他の女性から賞賛を得、またその女性のアップしている画像を賞賛している中へ、獲物を狙って男性が飛び込んだところで爪弾きにあわないだろうか。という懸念があります。 これは、まだ未知数な部分でありInstagramが他のSNSに比べ後発であり成熟しきっていないため、はっきりと申し上げることができないのですが、可能性としては非常に高いと考えられます。 もし、この仮説が正しいとするならば、正面切って女性にアプローチすることは大変危険です。女性の伝播力は凄まじく悪い噂を一気に拡散させまい、男性の身動きを封じてきます。 これを回避するためにも女性と共通の画像を女性目線で加工しアップするなど、一種女性的な一面を持ちつつ偶然を装いながら、徐々に距離を詰めていくことが必要になると思います。 まだ未知数な部分が多いInstagramですが、女性の活動が活発であるという観点から考慮するとタイミングによっては化ける可能性がありますので、今後も注目のSNSであることには違いありません。
Read More
LINEを通じた出会い事情について

LINEを通じた出会い事情について

LINE
前提として、LINEはリアルな友人と相互のやりとりを簡単に行うためのツールであり決して出会い系に使われることを想定しているものではありません。 LINEで連絡を取り合うには、まず相手のLINE:IDや、QRコード、ふるふる機能を使うことで相手の連絡先を聞き出す必要があります。 合コンや異業種交流会などで「LINE交換をしましょう」というやりとりが頻繁に行われるのはこのためです。 接点のない人と連絡を取り合うためには、まずリアルで出会い情報交換を行う必要があります。 「友だち追加」の中に、見知らぬ人間が紛れ込んでいる可能性もありますが相手の素性が全くの未知数な状態でメッセージを送ることは大変骨の折れる作業ですし何より相手がニックネームで登録していればジェンダーの判別がつきにくいケースもありメッセージを送ったところで、相手が男性であれば元も子もありません。 身近な人間が含まれている可能性があるため、近しい人間にメッセージを送ってしまう可能性もあるので効率的な出会い方とは言えません。 【リアルなしにラインで出会うためには】 しかし、リアルで会うことなく気軽にLINEを通じ出会いを可能にしているシステムがあります。 それは「LINE掲示板」なるものです。これは掲示板上にLINE:IDやQRコードを載せ相手からの連絡を待つ。というものです。 もちろん男性が掲示板に書き込み、レスポンスを待つということもできますし掲示板に書き込みをしている女性の情報を自分のLINE内に取り込みメッセージを送ることも可能です。 ほとんどの掲示板で登録などは必要なく、気軽に楽しむことができます。 ほとんどの掲示板で。と申し上げましたが、かなりの数の掲示板が立ち上げられており地域別、趣味別、年齢別など多岐にわたり細分化されております。 では、本当に女性に出会うことができるのか?という問題ですが、結論から申し上げます。 「出会えます。」 しかも相手からのレスポンスは非常に良いですし、無料でメッセージのやりとりができるという点から費用対効果が非常に高いといえます。 ただ、注意点を下記に箇条書き、簡単に考察していきます。 ①大量のサクラが紛れ込んでいます。 慣れてくれば、サクラの見分けはつきますが、堂々と顔写真や胸のアップ画像を投稿している場合、ほぼ100%サクラです。 何度かメッセージを往復しているうちに出会い系サイトへ誘導するURLが送られてきます。 これは無視すれば良いのですが、厄介なのはこういったサクラをLINEで友人登録しているとタイムラインに大量のエロ画像を垂れ流してき ますので、極力避けていかなければ後々面倒です。 ②援助を求めてくる女性が相当多いです。 これは、ファーストコンタクトでサクラよりも判別がつきにくいので厄介です。とは言え個人で援助活動を行っているため友人登録したところでタイムラインに大量のエロ画像を垂れ流すことはないので、後々面倒になることは少ないです。 上級者であればなのですが、援助を求める女性をセフレへと持ち込めることもあるので、メッセージのやりとりを続けてみる価値はあるのではないでしょうか?  ③大量の女性と同時にメッセージのやりとりになりますので、手間が掛かります。  サクラと援助をかいくぐったとしても、大量のノーマルな女性とのやりとりを同時進行で進めていくこととなりますので常にLINEが鳴りっ放しという状態に陥ります。分母が多いために起こる嬉しい悲鳴ですが、隙間時間で挑戦する。というよりも、しっかりと腰を据えターゲットを見つける。という気持ちで臨まないと逃した魚は大きかった。ということになってしまいます。相手は暇つぶしで書き込みを行っていますので、旬な時間を逃すといくらメッセージを送っても返信率は下がってきますので、時間をしっかりと作り短時間で誘い出すことを目標にしてみましょう。 一長一短の「LINE掲示板」ですが、費用対効果を考慮すると、非常に有効なツールだと思います。 とある記事で、女性への取材の結果「見知らぬ男性に電話番号を教えることは抵抗があるがLINEであれば教えても良い」と回答が相当数あったようです。 これを踏まえると、LINEでのメッセージを行うことは女性にとっては抵抗感は少なく、しかも気軽でる。という結論に至りますので、ぜひ男性の皆様は「LINE掲示板」を活用してみることをお勧めいたします。
Read More
ここまで来た。こんなサイトまで出会い系に使う猛者たち

ここまで来た。こんなサイトまで出会い系に使う猛者たち


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
多くの出会い系サイトがバッコする昨今。どの出会い系サイトを利用するかお悩みの男性も多いのではないでしょうか。 出会い系サイトと言われるものが世に出始めて、20年は経過し過渡競争に入ってきてしまっていると思います。 そんな中、出会い系サイトで出会うだけでは物足りないのか、まさかこんなサイトまで出会い系サイトとして使ってしまうのか?という猛者に出会う機会がありました。 【麻薬のようなもの】 出会い系サイトは、本来女性と出会うことを目的としたものです。利用当初は男性心理としては「本当に出会えるのだろうか」という不安感と期待感が入り乱れ、いざメッセージの返信があっただけで高揚感を得られたものです。 しかし、それが徐々に慣れてくると、このメッセージを打つとこう返信があるだろうと予測がつくようになり高揚感も減退してきてしまいます。 そして、女性と出会い食事やドライブ、デートをし一晩ご馳走になる。という一連の流れを何度も行っていると女性のキャラクター別に、自分の引き出しが自然と増えていき、女性を抱く確率が飛躍的に高まってきます。 言わば、流れ作業のラインを3〜4パターン持っておき、それを適宜状況と相手女性に合わせ引き出すことで出会った女性を抱くことができるようになってくるものなのです。 ここまでくれば何も悩みはないように感じられるかもしれませんが、今回、話を聞くことができた男性曰く「出会い系は麻薬のようなもの」だそうで、そもそも出会い系=抱ける。という数式が出来上がってしまったことで出会い系を始めた当初のような高揚感が得られないことに深い悲しみを持っていました。 【まさか、そんなサイトを?】 この悲しい男性は、昨今流行りのクラウドによる仕事を請け負うサービスに登録したそうで、内容としては「女性の悩みをお聞きします」というものだそうです。聞く悩みは多種多様で何でも請け負います。というふうに有料にすると、ほぼ案件は受注できないが、無料にすることで月に数件女性からのメッセージが届くと話していました。 結論を申し上げると、ここで相談に訪れた女性に対し「メッセージ上では解決方法を上手く伝えられないので、会ってご説明差し上げますよ」と申し出ることで出会いに繋げているのだそうです。 このクラウドサービスのサイト名は伏せさせていただきますが、利用規約などには触れないのか?と質問をしたもののこの男性は特に知らない様子であったため、この記事をお読みの男性の皆様が真似をする場合は、しっかりと利用規約をお読みになってからお試し下さい。 話を戻しますと、この男性曰く女性と出会える確率は出会い系サイトよりも格段に下がるようですが少しずつ出会える女性の傾向が見えてきたと話してくれました。その傾向とは悩みの内容によるのそうで、その悩みの種類を下記に列挙いたします。 ・パートナーが浮気しているかもしれないという悩み。 ・男性に告白されたが、いま一つ乗り気になれず付き合うか悩んでいる。 逆に出会えない女性の悩みとしては ・職場環境が悪く、同僚や上司と上手くいかず仕事が面白くない。 ・社会人サークルなどで、突然自分だけ口をきいてくれなくなった。 というものらしく、この男性が導き出した結論としては 「男女関係の悩みを抱えてそれを、見ず知らずの他人に相談してくる女性は寂しがり屋であり、股が緩い。」そうです。 この試みは未だ試験段階だそうではっきりとした根拠はない。と男性はおっしゃっていますが、何点か注意していることがあるようです。 ・丁寧な文面で返信をすること。 ・相手を「さま」付けで呼ぶこと。 ・悩みに対しては真摯に返答すること。  (上記の回答でいくとパートナーは浮気していないかもしれな場合はきちんと、そう告げる。) このように全体を通し女性に安心感を与えた後に「もう少し詳しいお話をお聞きしないと私のサービスには満足いただけない」と付け加え、食事などにおびき出すそうです。 もちろん断られるケースの方が格段に多いそうですが、ここで食事に引っ張り出せた瞬間に、出会い系を始めた当初に女性とデートを取り付けた時の高揚感が蘇るのだそうです。 また、この出会い方には不確定要素が多く、規則性が見つからないために、それを見つけることにやりがいを感じている。とも、この男性はおっしゃっていました。 一般的な出会い系サイトで、仮に女性を抱けたとしても高揚感が得られず、クラウドサービスを本来の利用用途とは異なる使い方で利用し女性と出会うことでアドレナリンが分泌される彼は、正に麻薬常習者でとしか言いようがありません。 もし、真似をされる際はサイトの利用規約をりっかりとお読みの上、自己責任にてお願い申し上げます。
Read More
一流アスリートから考察する出会い系サイトの攻略方法

一流アスリートから考察する出会い系サイトの攻略方法


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
一流アスリートのメンタルから考察する出会い系サイトの攻略方法を論述していきたいと思います。 昨今、WEB上の記事や書店に並んでいる書籍の中でも「Gritする力」という文字をよく目にすることがあります。 そもそも「Gritする力」という定義自体がどうなのかと疑問なのですが、巷では「やり抜く力」や「貫き通す力」と訳されています。しかし、「Grit」という単語自体には、このような意味はありません。とは言いつつも、成功者にはこの「やり抜く力」が備わっているということらしいので、この「Grit力」と出会い系サイトでの必勝法を考察してまいります。 【年間200本安定的にヒットを打つメジャーリーガーの打率とは】 ここで、1人の超一流アスリートをあげさせていただきます。安定的に年間200本の安打を量産している。と聞くと非常に素晴らしいことですが、メジャーリーグの年間試合数は162数です。1試合辺り平均4.5打席あるとして1年間打席に立ち続けたとして4.5×162=729打席となります。この打席数で200本の安打を打つということは打率は2割7分3厘。つまり役27%の成功率ということになります。 今回引き合いに出ている超一流のアスリートの打率は調子の良い時で30%を上回りますが、これ以下のシーズンもあります。 よって、概ね27%の打率は信憑性があります。 ここで、逆の見方をすると、70%、500打席前後は失敗が許されるということになります。 これを聞くと意外と成績は高くないのかとお感じの男性もいらっしゃると思います。 【毎年700回以上の打席に立ち続ける覚悟と勇気】 決して成績が高くないというのは間違った見解であり、注目いただきたいのは何年もの間、多大なプレッシャーの中で毎年700回以上の打席に立ち続けているという点です。 一見、バッティングフォームは変わっていないように感じられますが、試行錯誤を重ねフォームに修正を加えながらより多くの安打を生み出そうとしているところにこそ、「やり抜く力」が秘められているのです。 【出会い系サイトで女性に出会えない男性へ】 これを出会い系サイトへ置き換えると、出会い系サイトを利用している男性は一体どの程度の回数女性へアプローチを掛けているでしょうか? 出会い系サイトは無尽蔵に「女性」という名の打席を用意していくれています。 本当に多くの女性と出会い、そして抱きたい。という思いが強ければ恐れることなく、この打席に立ち続けるべきなのです。 打席のステージは何段階かに分かれています。 ①メッセージの返信を得るステージ ②女性を誘い出すまでのステージ ③女性と出会ったあとに女性を楽しませるステージ ④クロージングステージ(SEXに持ち込むステージ) ⑤定期顧客に繋げるステージ(セフレ関係に持ち込むステージ) 出会い系サイトを利用し始めた男性は①ステージで躓くことでしょう。 一流のアスリートも同じく初めは躓くことでしょう。しかし彼らはここで諦めず、どうすればこのステージを クリアできるかを考えます。そして修正し検証するために必要なビッグデータの収集を行います。 トライアンドエラーを繰り返しながら、相手の投げてくるボール(この場合女性のメッセージ)に対し 適切なバッティングフォームで迎え撃つには多くの経験が必要なのです。 前途しましたが、70%、500回の失敗は許されるのです。 【求める結果から逆算する】 年間100人の女性を抱きたい。という目的を掲げたと仮定します。打率を25%と設定すると400人の女性に アプローチをかけるということになります。 これは1年間365日で、1日1人にアプローチをかけることで達成することができます。 時間の空いた時は、2人でも3人でもメッセージを投げてしまえば良いのです。そうすることで打率は徐々に上がってきます。 これが一流アスリートでも行っている「Gritする力」ではないでしょうか。 出会い系サイト使っても女性と出会えず、抱けない!と嘆いている男性をお見受けする機会が何度もありますが 諦めず「抱きたい」という強い思いを貫き通し、出会い系サイトという素晴らしいバッターボックスに立つ続けることを お勧めいたします。
Read More

婚活系出会い系サイトの難しさ


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
今回は、婚活系の出会い系サイトでの出会いの難しさについて論述して参りたいと思います。 その他の出会い系サイトと、婚活系の出会い系サイトが、どのように異なっているかと申し上げます。 その他の出会い系サイトは、幅広い出会い方を目的としている男女の出会いをサポートしてくれているのですが 婚活系出会い系サイトは、最終目的が明確に定めらており「結婚」にフォーカスされているということです。 【入会金や、課金は必要となるのか】 金銭的なシステムは通常の出会い系サイトと、ほぼ同じとお考え頂いて構いません。 稀に入会金が必要になるサイトもありますが、その多くは入会金はかからず、課金によるポイントが付与されそのポイントを元に女性とのメッセージのやり取りから初めて行くというものです。 大きく違うのは、出会った男女が交際に発展したタイミングや結婚に至ったタイミングで成約料が必要なケースがあります。 これは、多くの場合男性が負担するサイトが多いようで、この成約料が最も大きな金額になってきます。 少し金銭的部分から逸れますが、サイトの作り自体もそのた出会い系サイトよりも落ち着いた色使いであったり全体的に落ち着いたサイト作りになっています。 【なぜ出会うのが難しいのか】 ここまで論述すると、その他の出会い系サイトと何ら変わりないのでは?とお感じの方もいらっしゃるのではないでしょうか? それであれば出会える可能性は変わらないと考えられるかもしれませんが、婚活系の出会い系サイトの場合、登録内容が多岐に渡るケースが多いです。身長、体重、趣味に始まり週の休みの回数と曜日やその過ごし方、さらには顔写真の登録を必須としているサイトもあります。 その中でも女性が特に重視するのが「容姿面」「収入面(職業)」になります。 この女性からの事前審査とでも言うべき厳しい目が男性側からすると女性との出会いを難しくしてしまう要因になっています。 その他の出会い系サイトに登録している女性であれば「面白そうな人がいれば会ってみても良いかな」と考えて気軽に登録しているかもしれません。これによって男性側としては、容姿に自信がない、または収入が低くともメッセージを含む話術に長けているということの方が大きなアドバンテージになりますが、婚活系の出会い系サイトは全く逆の様相となります。 【ハイスペック男性は本当にハイスペックなのか】 ここまで論述すると、どちらのサイトがミスマッチングを防げるのだろうか?と疑問に思うことがあります。 結婚において収入や容姿は大きな比重を占めるでしょうが、長年連れ沿うことを考えると、より多くの男女の出会いをサポートし価値観の合致を確認する場を多く提供することの方が結婚には大切ではないかと考えるからです。 これは、サイト自体の問題ではなくサイトを利用している女性側の問題かもしれませんが、巷に溢れる出会い系に登録している男性の中にも素晴らしい方は多くいます。 世に言うハイスペック男性に負けることなく、婚活系出会い系サイトへの登録に二の足を踏んでいる男性の皆様には、今一度立ち上がっていただき、ハイスペック男性に現を抜かしている女性を虜にしていただきたいと思います。
Read More
人口分布から考察する出会い系サイトの優位性

人口分布から考察する出会い系サイトの優位性


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
出会い系サイトのアドバンテージとしては、一ヶ所に留まりながら多くの女性にリーチができるという点です。 アポイントが取れた段階では移動が必要となりますが、やはり効率的な出会い方としては人口密集地域に居住しているということが大前提になってきます。 【どこが最も効率的な地域と言えるか?】 これを踏まえ、最も有効な効率的に女性に出会える都市としては東京都であると言わざるを得ません。 日本の中で最も人口の多い都市であり、さらに人口減少に転じている日本の中で唯一東京都だけが人口増となっているため多くの女性が集中しており、最小限の移動で最大限の効果を発揮できます。 休日などであれば午前・午後・夕方と3人に出会ってしまうことも可能でしょう。 恐らく地方都市であれば、1日に3人会うとなると移動距離が相当なものとなり、また人口数から考慮し3人のアポイントを取り付けることも至難の技となってくることでしょう。 【地方に希望はないのか?】 東京都に比べると、希望は少ないですが地方には地方の生き残り方があります。 それは、思い切って大都市圏の女性へアプローチを掛け連休などを利用し遠洋漁業に出掛けるということです。 これは一見無謀に見えますが、有効な手段です。エビデンスを下記に列挙します。 ①地方居住者からのメッセージは珍しいため喰いつきが良い。 東京の女性は引く手数多であり、代わり映えのしないメッセージを受け取っている可能性があります。 地方男性から届くメッセージは、それだけで異質に感じ目に留まります。また物理的距離が離れている分だけ相手の警戒心を解くことができます。 ②方言の使用により相手の警戒心を解き、自分への興味を惹き付ける。 普段、標準語を聞き慣れている女性からすると男性の方言は可愛らしく映るでしょう。これが男性への興味を一層惹き付け女性の警戒心を解くことにも繋がります。 ③東京は田舎者の集まり 結局は東京は田舎者の集まりです。出身が同じ県、同じ地方というだけで連帯意識が生まれるものです。これ利用するためにはメッセージを送る時点で、同一県出身の東京女性を狙い撃ちすることで効果を発揮できます。 ④「泊まる場所がないんです。」が使える。 最後の手段として泊まる場所がないと言うことができます。仮にホテルを予約していたとしても必ず泊めて下さいと伝えて下さい。そして「何もしないので」とも嘘をついて下さい。部屋にさえ上がりこめば何とかなります。 ⑤一度関係を持ってしまえば、後腐れがないため、再上京時のリザーブとして抑えておける。 仮に出会った女性が彼氏がいるなど、男性との深い関係を望んでいない場合であっても、男性は地元へ戻ってしまうため後腐れはありません。都合の良い男になれます。そして再上京し誰ともSEXできなかった時のリザーブとして最後まで残しておき万一の時にリピートしましょう。 【逆に都心が首を絞めることも】 結果的に出会い系を使うのであれば東京都が最も優位性を発揮する。ということになりますが、逆に都心に絞り込みすぎることが仇になることもあります。人の通勤経路や動きの動線というのは、フリーランスで仕事をしてない限り、そこまで大きく変わりません。 その中で激しく出会いを求め続けていたのでは、どこかでバッティングしてしまう可能性があります。 特に都心であればあるほど、人の動きは決まってくることが多いので、程よくターゲットとする街を変えていきましょう。 二毛作、三毛作を続けていると畑が枯れて作物が育たなくなってしまうので、都心を程よく攻めたら郊外へ流れるなど定期的な移動をお勧めします。
Read More
地方都市で活用すべき出会い系サイトについて

地方都市で活用すべき出会い系サイトについて


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
中小規模の地方都市で活用すべき出会い系サイトについて考えてみました。 必ず出会える出会い系サイトとは言え、結局のところ出会える確率は人口比率に比例していると言っても過言ではありません。 どんな優良サイトを使おうとも人口の少ない都市で出会い系を使っても登録者数に限りが生じるため、出会うには困難を極めます。 特に、地方へ行けば行くほど、土着志向が強まり、他人の目を気にする女性が多くなるため登録はしてみたものの、掲示板への書き込みを行わなかったり、到着したメッセージに返信しない「埋没層」と言われる女性が多くなる傾向が強いと言えます。 【市町村団体の力が強く働く地方都市】 では、どのような出会い系サイトが力を発揮するか?ということですが、結論を先に申し上げますと、「行政」と言われる市町村団体またはその周辺団体が運営母体の出会い系サイトが有力であるということです。 現在の日本では人口が東京都への一極集中かが進んでいます。人口が減少している日本の中にあって唯一、東京23区内は人口が増加しているという逆転減少が生じており、地方都市では様々な手段を行使し東京に集中した人間を地方へ呼び戻そう、また東京への流出を食い止めようと努力しているのであります。 その中の一つに、結婚支援を行うサービスが実施されており、47都道府県のほとんど全てにおいてこのサービスが展開されています。 前途しましたように、人の目を気にする地方女性ではありますが、このように「運営母体が行政」と聞くと一気にその緊張感が解かれる傾向があります。 結果的に「男性と出会う」ということについては何ら優良な出会い系サイトと変わりないのですがこのように世間体を強く気にしてしまうことで自ら門戸を狭めてしまっている女性が非常に多いという事実があります。 【行政が運営母体の出会い系サイト活用術】 ここまで長々と述べてしまいましたが、地方都市で女性と出会うには行政が運営母体の出会い系サイトを活用することが最も効果的ではありますが、1点問題があります。 ガチです。ガチなんです。女性が本気で結婚を狙ってきているので、男性の思いが気軽に遊びたい。またはセフレを作りたい。 一晩だけで良いからご一緒して欲しい。という要望に応えきれない可能性が高い、というよりも不可能になります。 これを覚悟で、この出会い系サイトで女性を貪ろうとされる男性に敢えて助言を申し上げますと下記になります。 ・とにかく短期決戦。 ・多くの女性に一気にメッセージ投下。 ・素性は最大限明かさない。 決して推奨しているわけではありませんが、もし突入されるようであれば参考にしてみてください。 ただし、結婚の意志なく女性と出会おうとしていることが運営側に伝わってしまうと出入り禁止になります。(なっても良いですが。) 男性の被害を最小限に食い止めるため、できるだけサイトに登録している期間を短くし、その間に女性に目星を付けてメッセージを投下しましょう。そして何人か出会った後は欲を出さず、早めに足を洗って下さい。これが鉄則です。 素性についても明かさない方が後々面倒なことにならないと思います。 リスクはありますが、普段利用されている出会い系の掲示板には、いつも同じ女性が書き込みをして援助の求めばかりで飽き飽きとしている。また「埋没層」と言われる女性を掘り起こすのも面倒である。そうお感じの男性で勇気のある方で、さらに申し上げるとゲスな方でいらっしゃれば、こういった出会い系サイトを使うと思わぬ上玉に出会えるかもしれません。
Read More
メッセージから推測する地雷女性を避けるテクニック

メッセージから推測する地雷女性を避けるテクニック


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
出会い系サイトで、まず必要となるのはメッセージスキルです。 上手く男性側のアピールを行い、女性に「会ってみても良いかな」と思ってもらえることが大切です。 同時に、女性からのメッセージから相手のタイプを判断するスキルも求められます。 このスキルを磨くことで地雷と言われる女性を回避でき、より効率良い女性との出会いを実現できます。 今回は地雷女性と言われる方々を避けることにフォーカスし、限られたメッセージの中から危険を回避する技術について論述させていただきます。 【積極的なアピール女性には注意】 出会い系サイトでは女性は基本的に受け身です。引く手数多で多くの男性からメッセージを受け取っています。 そんな中で、女性側からメッセージで積極的にアピールしてくる女性には注意が必要です。 メッセージだけでは容姿が判別つきませんので、援助を求める女性以外で積極的な女性は、容姿に難がある可能性が高いです。 こういった女性は基本地雷だと思っていただいて構いません。 【地雷ワードに注意】 メッセージのやり取りから、どういう容姿、体型の女性なのかを聞き出すことがありますが、隠しきれないウィークポイントを言葉巧みに変化させ伝えてくることがあります。 下記に注意して欲しい具体例を列挙し簡単に説明を加えていきます。 ・「ぽっちゃり」→「相当なデブ」 このケースは5割増しで考えてください。 ・「細身」→「洗濯板に干し葡萄」 このケースは5割引きで考えてください。 ・「巨乳」→「デブ」 胸は脂肪の固まりです。大きいということは全体に大きいということです。 ・「清楚系」→「根暗」 黒髪のロングヘアに憧れる男性も多いと思いますが「貞子」を想像してみてください。 ・「一途なタイプ」→「ストーカー」 出会い系を使って遊ぶ際に一途になられても困ります。ストーカー気質があります。 ・「若く見られる」→「年配女性」 若い女性はわざわざアピールしません。中年女性が多用します。 【控えめに感じられるメッセージほど見過ごさない】 女性と出会いたいという強い気持ちが強くなると、つい手っ取り早く出会える積極的な女性を選択してしまいがちですが一見、普通で魅力がないな。と感じてしまうメッセージほど見過ごさないでください。 出会い系サイト慣れしていない女性ほど自分の魅力のアピールを過度に行いませんので、そういったメッセージにこそアンテナを張っておいていただきたいということです。 これは、アタリ女性を引き当てる。と言うよりも、地雷女性を避けるための一つの指標になります。 何より出会い系初心者ということは、あなたのペースで体の関係に持って行きやすい。ということにも繋がります。 【期待できるワード】 上記では、ネガティブワードを列挙しましたが、地雷女性を避ける指標となるワードを列挙し簡単に説明を加えていきます。 ・「普通です」 何事においても、これが一番大切なワードです。謙虚すぎずアピールしすぎず、最も期待できるワードと言えます。 ・「そんな期待されると困ります」 メッセージ上で女性を褒めた時や、デートの約束を取り付けた時に楽しみです。と伝えた時の期待できるワードです。 上記同様、過剰なアピールがありません。 ・「緊張しますね」 出会うことが決まった時に出るワードです。出会い系サイト慣れしていないからこそ期待できるワードだと言えます。 余談ですが「恥ずかしいですね」は地雷ワードですので注意してください。恥ずかしい=容姿に不安がある。となります。 この微妙なニュアンスを読み取ってください。 ・「もっと仲良くなったらね」 ライン交換やデートの約束を依頼した際に、このような反応が返ってくる女性は期待できると言えます。 男性に困っていない余裕があることから一定ラインの容姿であると推測できます。 ・「彼氏がいます」 既に別の男性のお墨付きをもらっている証拠です。出会うことは可能ですが、SEXに持ち込むにはスキルが必要でしょう。 (まとめ) 全体的に「地雷ワード」は魅力的に感じられ、「期待できるワード」はノーマルで物足りない印象を受けてしまいますが、こういった言葉こそ期待できると考えていただき、じっくりと腰を据えてメッセージのやり取りを行い、距離を詰めていってください。まだまだ出会い系サイトには多くの女性が眠っていますので、地雷女性を避け、ぜひ美女を掘り起こしていただければと思います。
Read More
出会い系サイト利用時に押さえておきたい用語集

出会い系サイト利用時に押さえておきたい用語集


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
出会い系を使用する際に、押さえておきたい、逆に申し上げると押さえておかないと女性の希望を履き違えてミスマッチが起こってしまう大切な用語についてご説明してまいります。 【用語集:金額編】 ①ホ別(ほべつ):ホテル代を別にした価格交渉です。一般的に使用されます。 ②別苺(べついちご):ホテル代別で15,000円。 「苺」とは1万5千円という意味で、この部分が「2」などの数字に変化する場合がありますがサイト内での売春は違法行為なので極力隠語に置き換わります。 2万円は「荷」、3万円は「参」や「山」に置き換わります。 ③コミ◯(こみ◯):ホテル代込みの価格です。◯部分に隠語に置き換わった数字が入ります。 一般的に、ホ別が多いですが年齢が高い、容姿に問題があるという理由で売れ残っている女性はこの「コミ◯」を使ってきます。簡単に言うと安売りですね。 ④諭吉(諭吉):1万円単位を表します。 ⑤K(ケーorケイ):千円単位を表します。 本番なしでフェラのみの場合、単価が下がりますので、このKが多用されます。 【用語集:SEX条件編】 ①ゴム有(ごむあり):コンドーム必須条件です。 ②ゴム無(ごむなし):生本番OKの略です。病気に注意しましょう。 ③生中(なまなか):思わずビール?と思ってしまいますが、生本番で中出しOKの略です。ほとんどいないレア女性ですが何か特別な事情があると推測されますので病気に注意してください。 ④Fのみ(フェラのみ):本番なしでフェラだけの場合を指します。 【用語集:援助編】 ①割り切り(わりきり):援助交際を希望される際、最も多用される隠語です。 その他にも「¥(えん)」「◯(えん)」「サポ(サポートの意)」で記載される場合がありますが多くは「割り切り」が多用されています。 ②訳あり(わけあり):①の次に多用されます。 ③意味わかる人だけ(いみわかるひとだけ):援助交際以外の目的の男性への注意喚起が含まれています。 ④余裕ある人だけ(よゆうあるひと):③と同義ですが、用途数は③よりも少ないです。 【用語集:その他】 ①ぽちゃ:そのままですが、ぽっちゃりの女性が自己紹介の場合に使います。多くの場合、ぽっちゃりの限度を大幅に超えている場合がほとんどですので注意しましょう。 ②ヤリ目(やりもく):SEX目的の略です。多くの場合、「ヤリ目NG」という使用になりますが、ヤリ目以外に出会い系を利用する意味はあるのでしょうか。 ③即(そく):即出会える人、今から出会える人を求める隠語です。往々にしてお金に困っている女性が即金を得るために使われる言葉です。 これらを繋げた使用例をあげておきます。 ・表題:意味わかる人だけお願いっ! ・本文:今、金欠で困ってて、ゴ有別苺で即割り切りできる人お願いします!ちょいぽちゃだけど、周りからは可愛いって言われます。ゴ無の場合は参になるので、即レスお願いします。宿周辺で会える人のみ。 解説:お金に困っているのでゴムを付けたSEXでホテル代は男性負担で私を1万5千円で買ってください。少しぽっちゃりめだけど、それなりに可愛いです。生でEXしたい場合は倍の3万になります。新宿周辺で会える人だけ早めの返信をお願いします。 となります。 いかがでしょうか。恐らく出会い系を数回利用したことのある方であれば、理解は容易いと思いますが初心者の方には何を言っているのか意味不明な箇所もあったかと思いますので、しっかり勉強して女性に意味を聞き直したりして格好悪い思いをされないよう注意しましょう。
Read More