ここまで来た。こんなサイトまで出会い系に使う猛者たち

ここまで来た。こんなサイトまで出会い系に使う猛者たち


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
多くの出会い系サイトがバッコする昨今。どの出会い系サイトを利用するかお悩みの男性も多いのではないでしょうか。 出会い系サイトと言われるものが世に出始めて、20年は経過し過渡競争に入ってきてしまっていると思います。 そんな中、出会い系サイトで出会うだけでは物足りないのか、まさかこんなサイトまで出会い系サイトとして使ってしまうのか?という猛者に出会う機会がありました。 【麻薬のようなもの】 出会い系サイトは、本来女性と出会うことを目的としたものです。利用当初は男性心理としては「本当に出会えるのだろうか」という不安感と期待感が入り乱れ、いざメッセージの返信があっただけで高揚感を得られたものです。 しかし、それが徐々に慣れてくると、このメッセージを打つとこう返信があるだろうと予測がつくようになり高揚感も減退してきてしまいます。 そして、女性と出会い食事やドライブ、デートをし一晩ご馳走になる。という一連の流れを何度も行っていると女性のキャラクター別に、自分の引き出しが自然と増えていき、女性を抱く確率が飛躍的に高まってきます。 言わば、流れ作業のラインを3〜4パターン持っておき、それを適宜状況と相手女性に合わせ引き出すことで出会った女性を抱くことができるようになってくるものなのです。 ここまでくれば何も悩みはないように感じられるかもしれませんが、今回、話を聞くことができた男性曰く「出会い系は麻薬のようなもの」だそうで、そもそも出会い系=抱ける。という数式が出来上がってしまったことで出会い系を始めた当初のような高揚感が得られないことに深い悲しみを持っていました。 【まさか、そんなサイトを?】 この悲しい男性は、昨今流行りのクラウドによる仕事を請け負うサービスに登録したそうで、内容としては「女性の悩みをお聞きします」というものだそうです。聞く悩みは多種多様で何でも請け負います。というふうに有料にすると、ほぼ案件は受注できないが、無料にすることで月に数件女性からのメッセージが届くと話していました。 結論を申し上げると、ここで相談に訪れた女性に対し「メッセージ上では解決方法を上手く伝えられないので、会ってご説明差し上げますよ」と申し出ることで出会いに繋げているのだそうです。 このクラウドサービスのサイト名は伏せさせていただきますが、利用規約などには触れないのか?と質問をしたもののこの男性は特に知らない様子であったため、この記事をお読みの男性の皆様が真似をする場合は、しっかりと利用規約をお読みになってからお試し下さい。 話を戻しますと、この男性曰く女性と出会える確率は出会い系サイトよりも格段に下がるようですが少しずつ出会える女性の傾向が見えてきたと話してくれました。その傾向とは悩みの内容によるのそうで、その悩みの種類を下記に列挙いたします。 ・パートナーが浮気しているかもしれないという悩み。 ・男性に告白されたが、いま一つ乗り気になれず付き合うか悩んでいる。 逆に出会えない女性の悩みとしては ・職場環境が悪く、同僚や上司と上手くいかず仕事が面白くない。 ・社会人サークルなどで、突然自分だけ口をきいてくれなくなった。 というものらしく、この男性が導き出した結論としては 「男女関係の悩みを抱えてそれを、見ず知らずの他人に相談してくる女性は寂しがり屋であり、股が緩い。」そうです。 この試みは未だ試験段階だそうではっきりとした根拠はない。と男性はおっしゃっていますが、何点か注意していることがあるようです。 ・丁寧な文面で返信をすること。 ・相手を「さま」付けで呼ぶこと。 ・悩みに対しては真摯に返答すること。  (上記の回答でいくとパートナーは浮気していないかもしれな場合はきちんと、そう告げる。) このように全体を通し女性に安心感を与えた後に「もう少し詳しいお話をお聞きしないと私のサービスには満足いただけない」と付け加え、食事などにおびき出すそうです。 もちろん断られるケースの方が格段に多いそうですが、ここで食事に引っ張り出せた瞬間に、出会い系を始めた当初に女性とデートを取り付けた時の高揚感が蘇るのだそうです。 また、この出会い方には不確定要素が多く、規則性が見つからないために、それを見つけることにやりがいを感じている。とも、この男性はおっしゃっていました。 一般的な出会い系サイトで、仮に女性を抱けたとしても高揚感が得られず、クラウドサービスを本来の利用用途とは異なる使い方で利用し女性と出会うことでアドレナリンが分泌される彼は、正に麻薬常習者でとしか言いようがありません。 もし、真似をされる際はサイトの利用規約をりっかりとお読みの上、自己責任にてお願い申し上げます。
Read More
地方都市で活用すべき出会い系サイトについて

地方都市で活用すべき出会い系サイトについて


Warning: printf(): Too few arguments in /home/m070c255/public_html/inj-kansai.com/wp-content/themes/total/inc/template-tags.php on line 88
中小規模の地方都市で活用すべき出会い系サイトについて考えてみました。 必ず出会える出会い系サイトとは言え、結局のところ出会える確率は人口比率に比例していると言っても過言ではありません。 どんな優良サイトを使おうとも人口の少ない都市で出会い系を使っても登録者数に限りが生じるため、出会うには困難を極めます。 特に、地方へ行けば行くほど、土着志向が強まり、他人の目を気にする女性が多くなるため登録はしてみたものの、掲示板への書き込みを行わなかったり、到着したメッセージに返信しない「埋没層」と言われる女性が多くなる傾向が強いと言えます。 【市町村団体の力が強く働く地方都市】 では、どのような出会い系サイトが力を発揮するか?ということですが、結論を先に申し上げますと、「行政」と言われる市町村団体またはその周辺団体が運営母体の出会い系サイトが有力であるということです。 現在の日本では人口が東京都への一極集中かが進んでいます。人口が減少している日本の中にあって唯一、東京23区内は人口が増加しているという逆転減少が生じており、地方都市では様々な手段を行使し東京に集中した人間を地方へ呼び戻そう、また東京への流出を食い止めようと努力しているのであります。 その中の一つに、結婚支援を行うサービスが実施されており、47都道府県のほとんど全てにおいてこのサービスが展開されています。 前途しましたように、人の目を気にする地方女性ではありますが、このように「運営母体が行政」と聞くと一気にその緊張感が解かれる傾向があります。 結果的に「男性と出会う」ということについては何ら優良な出会い系サイトと変わりないのですがこのように世間体を強く気にしてしまうことで自ら門戸を狭めてしまっている女性が非常に多いという事実があります。 【行政が運営母体の出会い系サイト活用術】 ここまで長々と述べてしまいましたが、地方都市で女性と出会うには行政が運営母体の出会い系サイトを活用することが最も効果的ではありますが、1点問題があります。 ガチです。ガチなんです。女性が本気で結婚を狙ってきているので、男性の思いが気軽に遊びたい。またはセフレを作りたい。 一晩だけで良いからご一緒して欲しい。という要望に応えきれない可能性が高い、というよりも不可能になります。 これを覚悟で、この出会い系サイトで女性を貪ろうとされる男性に敢えて助言を申し上げますと下記になります。 ・とにかく短期決戦。 ・多くの女性に一気にメッセージ投下。 ・素性は最大限明かさない。 決して推奨しているわけではありませんが、もし突入されるようであれば参考にしてみてください。 ただし、結婚の意志なく女性と出会おうとしていることが運営側に伝わってしまうと出入り禁止になります。(なっても良いですが。) 男性の被害を最小限に食い止めるため、できるだけサイトに登録している期間を短くし、その間に女性に目星を付けてメッセージを投下しましょう。そして何人か出会った後は欲を出さず、早めに足を洗って下さい。これが鉄則です。 素性についても明かさない方が後々面倒なことにならないと思います。 リスクはありますが、普段利用されている出会い系の掲示板には、いつも同じ女性が書き込みをして援助の求めばかりで飽き飽きとしている。また「埋没層」と言われる女性を掘り起こすのも面倒である。そうお感じの男性で勇気のある方で、さらに申し上げるとゲスな方でいらっしゃれば、こういった出会い系サイトを使うと思わぬ上玉に出会えるかもしれません。
Read More